JR山陽本線・山陽電鉄本線の沿線を中心に加古川市・姫路・高砂・加古郡・小野・加東・明石周辺の優良賃貸物件をご案内!

ピタットハウス加古川店 / 東加古川店 [賃貸版]

当店が選ばれる理由は、お部屋探しのスペシャリストが揃っているから!

宅地建物取引士(国家資格)
名
賃貸不動産経営管理士
名
少額短期保険募集人
名

  • ブランディング

    magurodaigaku

    マグロ大学って言うてるヤツ、誰や?

    近畿大学のポスターのキャッチとのこと。

    大学のキャッチで、コレは凄いですね、僕レベルでも【オッ!】って思います。

    要するに【僕レベル】に響かせるキャッチが大切なんでしょうね。

    プロ向けじゃなく・・・。

     

     

    先日、お会いした金沢から来社して頂いた方に【金沢の21世紀美術館、全然、わけわからんかったわ、あれが芸術?】というと

    『僕も判りません、でもウチの会社のクリエーター達は、しょっちゅう、行ってますよ、刺激を受けるって』という。

    やっぱ、感性が違うんだろうな。

     

    上記の近大ネタは、僕のメールに届いた<採用支援>の会社からのネタです。

    【強いキャッチ、強い広告、強いプロモーッションには、『強い事実』が必要】と書いてました。

     

    強い事実 → 強いプロモーション → 強いブランディング → 強い会社

     

    なるほど。デザインや見た目や、うわべをどう飾るか演出するか?の前に、強い事実が前提に無かったらダメですよね。

     

    2016/08/22

  • お盆

    お盆と言えば、『墓参り』『盆休み』あと、なんだろ?あ、盆過ぎての海は、波が高いとかクラゲが出る、みたいな感じかな。

    当社は、盆休みは無く、その分、全員別の日に交代で休みをとってます。

     

    墓参りって、宗教的なことなのか、伝統行事なのか知らないですが、大体、皆さん、毎年行きますよね。

     

    会ったこともないご先祖さんをイメージして、『俺が次郎だ、●●の次男坊やで。・・・またな!』と特に長く語り掛ける相談もないし、返事もしてくれないので、そそくさと帰るのですが(笑)

     

    本来、僕は宗教的な考えとか伝統とかいったものには無関心な方だと思う。

     

    誰かの葬式にいけば、バスの中で<あの坊さん、●●万円もしたんやて>とか<戒名が。。。もした>とか聞こえてくる。

    興味ないな~・・・・

     

    高いよね~葬式代とか墓地、お墓。

    死んでから迷惑かけたくないな。僕の葬式では誰か泣いてくれるのかな。いや、そんな葬式は面白くない。

    よし!家族葬だけは、ちゃんとして、その後は【お別れの会】にしよう。

    小さな会場を借りて、バックに流れる曲は矢沢永吉(笑)!ガンガン、ロックが流れてる会場!

    来場してくれた方々には、湿っぽい話は禁止で是非、楽しく酒を呑んでほしい。

    万が一の為にエンディンングノート書くのもいいな。

     

    お墓・・・僕は次男だから、墓を作らんといけないんだな。

    ん~・・・

    子供、孫、ひ孫・・・やっぱりお墓詣りしたいよね、なんとなく。

    嫁や子供のこと考えたら海にでも散骨してくれたら・・って言えないな。

     

    死んだ後の世界があるのか無いのか、知らない。

    天国か地獄に行くかも知らない。

    でも、もし死んでから、毎年、墓の上から孫たちが集まってくれて手を合わせてくれてるのが見えたら、ま、それは嬉しいだろな。

     

    お盆・・・・ちょっとセンチになったかな(笑)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2016/08/13

  • 家を売る女

    ogp_03

    録画してた番組を観た。

    面白い!

    <家を売る事>が自分の仕事だという。

    全くブレてない!

     

    昔を思わず思い出す。

    先輩の言葉・・・「お客さんの言いなりになるな!」「そんなんやったら機械でも出来るわ」

     

    お客さまの背景を知り、お客様も気づいてない点を発見し、プロとしての提案をする。

    本気になってるからこそ、お客様を怒らすことになってもお客様に一番良い選択を勧める。

    そういう意味だ。

     

    このドラマを観て、すごく新鮮に感じたのは何故だろう?

    最近は、車屋さんや他の業界も営業スタイルがスマートになりすぎてる気がする。

    熱くない。笑顔は良いが本気度がもの足りない。

    <どうせ、ネットでいろいろ調べて自分で決めるんでしょ?>という気持ちからか。

     

    当社では「お客様の声」は貴重な財産だと考えている。

    だから、しっかりと「聞く」。熱い思いで本気でお客様の立場になって提案している。

    でも、謙遜したり、スマートすぎるのは私は。。。あ、あくまでも僕の好みだけど・・あまり好きじゃない。

     

    僕の好きな営業スタイル。

    お客さんに「営業さんだけに口が上手いわね」と言われたら、誤魔化すんじゃなく『当然ですよ、営業マンですから!これが僕の仕事です!』

    これですね(笑)

     

     

    2016/07/17

  • 現場職人さん

    今、東加古川店の隣のマンションで外壁塗装の工事が終わろうとしている。

    ビルとマンションが隣接しているので足場の建て方をしている若いお兄ちゃんと、3Fのフロアでボケーとしている僕と普段ありえない距離で目が合った。

    しまった!アホづらを見られたか?と思いつつも、窓を開けて「落ちんようにしーよー」と声をかける。

    彼は『慣れてるから大丈夫っすよ』と汗だくの顔で笑った。

     

    高層のマンションの足場。「おい!〇〇しとかんかい!わかっとんか、こら?返事せんか!」なんて叫び声が毎日のように耳に聞こえてくる。

    ガラ悪いな~と思いつつ、この猛暑で、フラフラになりながら気をぬけば落ちるかもしれし、大事故につながるかもしれん!という気合からなんだろうな。

    そこには、パワハラとかコンプラとかいう軟弱な発想は飛び越しているのだろう。ヘタしたら命に関わるんだから。

    僕の家の隣でも家が建築中だ。もちろん知らない人が知らない建築屋さんで建ててるんだけど、ここの職人さんとも少し喋った。

    『オシャレな壁やな~、石貼っとん?』「オシャレでしょ~、高いと思いますよ、コレ」。サイディング屋のお兄ちゃんだ。

     

    建築現場の職人さんは、僕は基本、なんかカッコイイと思ってる。

    健全なる精神は健全なる体に宿る というのは大袈裟かもしれないが気持ちのさっぱりした人が多い気がする。

    じゃ~なんで僕は職人さんにならなかったか?

    それは、向いてないから。体は頑丈じゃないし、力は弱い。高いところ怖いし・・。

    向いてる仕事が営業だ!とも言えないが、体を使っての仕事が無理なら頭を使うか口で商売するかしかない。

     

    よし、俺も不動産業界の現場職人として活躍したる!

     

    2016/07/07

  • 江戸へ!

    今年の社内旅行は「お江戸!」です。

    過去、グアムや沖縄、北海道とリゾート地が多かったが去年、九州の旅をして福岡の街も楽しかった。

    東京もいいんじゃないかなーと思ってたら社内アンケートで東京に決定~。

    今回は、専務に「全部お任せプラン」で連行されることにした(笑)

    でわ、ご紹介します!

    変換 ~ 1

    新幹線、姫路駅集合~

    変換 ~ 2

    呑んだくれてたら東京に着いた。

    定宿、銀座モントレ。830(ヤザワ)!なんか良い予感!

    変換 ~ 3

    休憩してから新宿の都庁へ。

    舛添さんを説教してやろうと思ったがいなかった(笑)

    45階からの眺め

    変換 ~ 4変換 ~ 5

    天気が悪かったけどスカイツリーもみえる。しかも・・・ココ、タダ。

    変換 ~ 6 変換 ~ 7

    西麻布のおしゃれな焼肉屋さんからの~赤坂の矢沢永吉さんの店へ。

    スタッフに「矢沢さん、たまに来る?」と聞いてみた。

    「全然、来ないっす、みたこともネーです」だって。当たり前だよね。

    そんな会話をしてるとカウンターの隅で呑んでる人が、「この人たち、矢沢って誰?て感じなだから(笑)」って笑ってる。

    いつも間にか、専務を置き去りにして『この人』と語り合ってた。

    ま、専務も東京にきてる友達呼び出して話してたので、まいっか。

    変換 ~ 8 変換 ~ 9 変換 ~ 10

    次の日は、江の島~。

    湘南爆走族!サザンオールスターズ!ダンクシュートの桜木花道!って感じで、どんなかな~って思ってたら

    新宿や銀座なんかと違って、時間がゆったり流れてる感じで、なかなかイイ感じ。

    ま、今回も呑み過ぎの旅でした・・・。

     

     

     

    2016/06/20