JR山陽本線・山陽電鉄本線の沿線を中心に加古川市・姫路・高砂・加古郡・小野・加東・明石周辺の優良賃貸物件をご案内!

ピタットハウス加古川店 / 東加古川店 [賃貸版]

当店が選ばれる理由は、お部屋探しのスペシャリストが揃っているから!

宅地建物取引士(国家資格)
名
賃貸不動産経営管理士
名
少額短期保険募集人
名

  • ドラゴン桜

    何年も前から家の本棚にあったんだけど、興味が無くて読んでなかった。

    娘の為に買ってあげたのかな?(東大なんていってないけど(笑))

    暇つぶしに読んでみると、結構おもしろい。

    スタッフの育成について考える事が多いので、すごく参考になる。

     

    記憶に残ってる内容を一部、書きます。

     

    A先生がB先生に尋ねる

    ①『空腹でフラフラな人が目の前にいる、あなたは魚を釣って、どうぞ と、あげますか?』

    ②『それとも、釣り方を教えてあげますか?』

    A先生は、教師失格だ、と指摘されます。

    なぜなら、『●●してあげる』というのは、生徒を信用してないばかりでなく、問題の先送りをしてるだけ。

    誰の力を借りなくても一人で魚を釣って人生を歩んでいけるようにするのが教師の役目だ。

     

    桜木先生がある生徒に聞きます

    <野球を始めたばかりだけど夢ある小学生に、グローブが買ってあげるとする>

    ①3000円 ②5000円  ③10,000円

    <どの価格のグローブを買ってあげるのが良いと思うか?>

     

    初めなんだから3000円で、いいんんじゃね?と答える。

    桜木先生は、こう言う。

    間違いだ!10,000円のグローブを買ってあげるのが正しい。

    それは・・・・・・・・

     

    解説が疲れてきたので止めます(笑)

    ご興味の方は、『ドラゴン桜』を買ってください。

    無題

    2016/05/15

  • 言語能力

    先日の会議では、私の『みんなに新聞ぐらい読めよ、って言ってるんですけどね・・・』という発言に

    初めて参加頂いた<師>から、「そんな偉そうなこと言っても、最近でしょ?読みだしたの。宮長さんも(笑)」。

    ・・・・・たしかに(笑)

    そんなツッコミ入れてくれるのは、<師>か<専務>しかいないので、ありがたかった。

     

    でも、懲りずに新聞ネタを書きます。

    今日の日経新聞。

    ・AIが人間の代わりにする仕事は増え、人間の雇用が消えていくことが予想されている。

    ・しかし、AIは人間には出来ないことが出来るが、逆に、人間なら誰でも出来ることがAIには出来ないことがある。

    ・それは、『常識』。

    ・質問に対しての答えは探せるが、『質問』の意味が理解できないことがある。

    ◎ だから!今後、『人に求められる仕事』は・・・・高い言語能力がベースになる仕事だろう。

     

    IMG_6717

     

    本を読まないと人間は、どんどん馬鹿になる。

     

    誰が言ったか、名言だと思う。

     

    文章能力が弱い人、言葉の引き出しが極端に低い人。

    人の質問の意図が瞬時に理解できない人・・・・

    こんな人は、ロボットに仕事を取られるということだ。

     

    逆に、相手の仕草や言葉を理解し、相手が何を望んでるのか?必要としているのか?

    を瞬時に判断し、判り易い言語で響きやすい言葉で相手の心掴み、動かす。

     

    それが出来る人は、ロボットなんかに仕事を取られないし、意のままにロボットを使う側にまわるだろう。

     

    2016/05/05

  • 熊本

    TVで涙が出るシーンがありました。

    被災されて避難所でつらい思いをしてるはずの小学生たちが、自らすすんでお年寄りの肩を揉んであげたり拭き掃除をしたり食事を運んだりしてる。

    その姿に勇気をもらい、手を合わせて感謝するご高齢の方たち。

    『喜んでもらう事で元気が出るんです!学校ないし、なにもすることないし・・・。お手伝いしてるほうが嬉しいんです!』

    思い出しただけで目頭が熱くなる。

     

    とても良いシーンを放映してくれてマスコミには感謝だ。

    でも、そんなマスコミの報道の在り方も問われている。

    『視聴率』を最優先するのはやめてほしい。

    最優先すべきは、被災地において<マスコミにしか出来ない、役に立つ報道>を心掛けてほしい。

     

    私達も、私達にしかできない事を考えて出来る限り、応援していきたいと思う。

    熊本の小学生達に負けないように!

    2016/04/23

  • あなたは誰にでも腹を切らせますか?

    いきなり?なタイトルですね(笑)

    先ほど、新人君とDVD研修をやっていたのですが、講師の方が上手い例え方をしていた。

    お客様の希望の条件を聞くときのヒアリングの大事さを語っていたのですが

    『あなたがお腹が痛くて病院に行ったとき、先生があなたのことを簡単に<これは○○だ、すぐに手術だ!>といった。

    あなたは簡単に腹を切らせますか?』

    『もっと真剣に症状とか聞いてほしいし、検査もしてほしい、説明もきいてみたい!って思いますよね』

     

    お客様にとって、新生活をスタートさせる重要な決断!

    貸す側のオーナー様にとって、大切な財産!

     

    私達は、そんな仕事をしている。

     

    手術をさせても構わない。いや、是非、この人に切ってほしい。しっかりとカウセリングをして頂いたし、手術の方法も数パターン説明してもらい、メリット・デメリットも聞いた。だからこそ、この人に・・・・。

     

    お客様に信頼されるには、信頼される為には、今、自分に何が必要か?

    見つめなおしてみます

    2016/04/07

  • 寿司の学校

    なんでも<寿司の学校>を半年間、通っただけでミシュランをとった店があるという。

    たしかに、今時分、何年も修行して『見て盗め!』では、時間の流れが違う現在では、時間の価値が違うかもしれない。

    効率を優先することは間違いじゃない。

    っていうか、そんな修行を長年、耐えられる人がいなくなると、業界自体が萎んでいくだろう。

     

    偉そうことを言ってるが、私自身が苦労人と言えるほど苦労はしてないし、修業期間が長かったわけではない。

    どちらかというと、『効率』重んじるほうだ。

    ※小学校の時なんか、算数の宿題を母親の電卓でやってたもん(笑)

     

    でも、<人>を相手に商売するとき、学校で技術や知識、考え方なんかを教えてもらって本当に、それで<半年で独立>していいんだろうか?

     

    学校の先生はビジネスだ。教えて育てることが商売。たった半年間の。

     

    寿司屋の大将への修行のソレとは全く違うと思う。

     

    仕入れ先の魚屋の大将との付き合い方。困った時の義理人情。

    人の口に入る『魚の目利き』。お客様との会話。仕事に対しての心構え。

    新入り対しての指導、育成・・・

     

    そんなことを半年で教えられるわけがない。

     

    味だけなら、そのうちAIを使ったロボットが完璧な寿司を作るだろう。

    人並み外れた(あたりまえか)、動きでシャリを握り魚を捌く。煮つけ具合や味付けなんか味見しなくても味センサーがあって完璧。お客様によって『好みの味、顧客管理』が出来てるので完璧、みたいな。

     

     

    でも、僕はそんなもの食べない。

     

    気難しそうで、それでいて優しくて男気溢れた最高の笑顔で、しっかりと心を込めて握ってくれたオヤジさんの店で食べたい。

     

    メシは何を食うか?じゃなく、誰と食うか。

    何を食うか?じゃなく、誰から食うか!だな。

     

    2016/04/02