JR山陽本線・山陽電鉄本線の沿線を中心に加古川市・姫路・高砂・加古郡・小野・加東・明石周辺の優良賃貸物件をご案内!

ピタットハウス加古川店 / 東加古川店 [賃貸版]

当店が選ばれる理由は、お部屋探しのスペシャリストが揃っているから!

宅地建物取引士(国家資格)
名
賃貸不動産経営管理士
名
少額短期保険募集人
名

  • 役割

    衝撃だったな。

    東京からの出張帰り、新幹線の中で「宮迫・亮の会見」の内容をネットでみた。

    考えさせられるね。

     

    TV局、圧力、そんなものが見え隠れする業界だ。

    スポンサーに嫌われることを言えば、干される。

    報道番組でプライドをもって「真実を伝えるんだ」と使命感をもって仕事をしていても、いとも簡単に「圧力」で仕事をさせてもらえない。

    仕事をする、対価として「お金をもらう」。その「お金」は誰が払ってるのか?

     

    TVを僕たちはタダでみている。お金は払ってない。そう、TVCMのスポンサーからお金が出てる。そのお金でTV番組が制作できている。

    そのお金の発生元に意見ができるのか?意に反することが出来るのか。理屈を突き詰めれば逆らえない。

     

     

    悔しいね。つらいよ。金が一番偉いのか?ってなる。でも、お金もらえないと生活が・・・・。

    ん?お金ってそんなに必要?そもそも。お金を欲しがるからお金という存在が大きくなるの?じゃー放棄すれば・・・。

    ホリエモンは言っている。今の時代は「大丈夫、食える」と。

     

     

    東京出張の某講演者の経営者のM&Aの話を思い出す。

    《僕たちは「営業」が強い会社だ。そして彼ら(買収された側)は「技術力」をもっている。

    どちらが偉くて・・・という話でなくて、お互いの「もってない」ところを補い「強い」ところを発展させる》

    それがお互いの会社にとって最大化する、幸せになれることを語られていた。

     

    そう、全部自分でやろうと思うからダメ。自分を知って、立ち位置を見据え、自分の役割を見据えて「誰と仕事をするか」を考える。

     

    芸人・・・芸人しかできない。「芸」が一番の武器だ。会社の社員には出来ない。でも、番組は作れない。

    社員、経営者・・・芸は出来ないが、芸人に仕事を作ることは出来る。スポンサーからお金を集め、芸人に報酬を払える。

    芸人には出来ない。

     

    組織としてまわしていくには、お互いに役割を尊重することが大事なんだろうね。

    それでも価値観が合わなければ、組織を離れるしかない。大事な事は「組織を離れても自分を大事にできる状態、環境を作る」ことだと思う。

     

    それしても・・・・・・・・・宮迫、亮の暴露から始まった騒動。

     

    これはユーチューブより面白い(笑)

    ワクワクするね、不謹慎だけど。だって社会の仕組みが、働き方が・・・変わろうとしてる。

    外野の僕の立ち位置から期待することは、「やれやれ!和解なんてしないで、とことんお互い主張をやってくれ」と思う。

    大組織が負けるとことも見たいし、プレイヤーが凹まされるところも見たい気がする。

    2019/07/21

  • 信用持ち

    今朝の朝礼でウチの部長のスピーチの順番だった。

    謙虚に「長い事営業してるから・・」と前置きした上で、最近10年~20年のお客様とのご縁で紹介案件が増えているという話。

     

    たしかに、部長の紹介案件の数は社内でも群を抜いている。

     

    そんな話を聞いていて、ある動画を思い出した。

    ※最近、早起きして youtube ビジネス系:ホリエモンやキンコン西野さんをみてます(笑)

     

    ホームレス小谷という人の話。

    う~ん、話が長くなるのでやめます(笑)

    youtubeで検索してください。

     

    ざっくり言うと、「金持ち」じゃなく、「信用持ち」になった方が良いよ。それが、これからの最先端のキャリア形成だよ。

    金持ちになったって、税金をもっていかれるだけだし、信用持ちになれば簡単に信用をお金に換金できる。

    有名人だから?違う。信用持ちになる為には?嘘をつかない。・・・・・そんな話だった。

     

    今の当社の経営方針は間違っていない。

    ウチの全員のスタッフ達が、【信用持ち】になれる環境をもっと作らないといけないな。

    《お金》で充分にリターンできてないのだから。

    2019/07/06

  • 再構築

    今のところ当社の屋台骨である「賃貸仲介」のチームですが、今月から本格的に体制を大きく変えました。

    問い合わせからカギ渡しまで、営業スタッフが行っていた仕事を分業制にしました。

    理由は、仕事の内容を細分化し、それぞれの役どころに具体的な目標を定め、一連のルーティンのクオリティを高める為。

     

    限られた人数でまわしていくので、当然、分業化するとロスが出たりします。線引きすることによる弊害は当然あります。

    しかし、当社の一番の強み! チームワークの良さが発揮することを期待しています。

    「線引きするのではなくて、優先すべき仕事をはっきりさせる」「お互いが状況に応じて助けていく」

    この、ある種曖昧な表現で、どこまでコミュニケーションをとってクオリティをあげていけるか?

    歩合給の会社では絶対できない、成り立たないでしょう。

     

     

    いままでと同じことを繰り返していたら、結果も同じ。結果を変えるには、プロセスを変えるしかない。

    失敗することもあるだろう。でも、変化することによって見えてくることはあるはずだ。

     

    結果が楽しみです

    2019/07/05

  • 20期 社内旅行及び店舗改装

    今期も例年通り、社内旅行の行先を事前に社内アンケートを取った。

    結果、「沖縄」に決定!

    何度か、沖縄は社内で行ってるが今回は「慶良間諸島」で【美しい海を楽しむ】というテーマを作った。

    なので、ゴルフはしない! みんなで海を楽しむんだ!と意気込んで行った結果・・・・・・・・・。

    例年だと間違いなく梅雨明けをしてるはずが・・・・・

    ま、天気予報なんて、外れることもあるし・・・・

    それが、まさかの・・・・・

     

     

     

    3日間、店を休むので、その間に、前々から計画していた当店の店舗照明工事を新しく入社してもらったスタッフに任せた。

    ※今回は、照明工事だけの予定だったが、いつも依頼している建築士さんが「予算内の工事予算」で無料でデザインしてあげる!と神戸から来て頂き

    照明工事以外のデザイン工事もアドバイス頂いた。 ありがたい!

     

    さて、それでは一気に想い出写真と改装工事写真をご披露します!

    神戸空港で呑んで、機内で呑んで、那覇について全員おそろいのTシャツ買って、

    いつもの「まつもと」でアグ―しゃぶしゃぶ。隣の新婚さんの子供が可愛くて抱っこ(笑)

    次の日・・・・雨模様?どころか台風に!TV情報では警報がでてるところも・・・。

    ツアー会社に確認すると「船は出ますよ。」

    《えーーー!ありえへんやろ!台風や、ゆーとるのに》

    「いえ、大丈夫です、ポイントが違いますから」とツアー会社のお姉さんは平然と言い切った。

    キャンセル料をなんとか、しないと・・・と気合を入れて訴えたが、ここまで開き直って言い切られては仕方がない。

     

    みんなロビーに集合し、暴風雨の中、ピックアップ場所へ。

    海に入るまでに、全員びしょ濡れ(笑)

    旅にトラブルは、つきものだ。

    船に乗り、ポイントに着くと、思いの外、スタッフはそれなりに楽しんでくれたようだ。

    ※いや、楽しくは無かったし苦しい方が、勝ってたかもしれないが・・・・チームワークの良さなんだろう。

    旅も終わり、次の日、会社に行くと

    たった三日の工事期間で見事、2店舗の改装工事が終了していた。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ホリエモンがyoutubeで言ってたな。

     

    そうだ!

    俺たちは、もっともっと。

    もっと楽しめるはずだ!

     

    2019/06/28

  • ガリレオって何だ?!

    当社とBWリノベでコラボして頂いてる設計士さんのデザイン力は、素人感覚からは突き抜けている。

    長い間、不動産業にいると《普通》の間取りや《無難》なものに安心感を感じてしまう。

     

    過去、3件のBW物件の依頼をした、デザイナー建築士の山下氏は多くを語らない。

    デザインや間取りの意味、設計の意図しているところを聞けば説明してくれるが好んで積極的に・・という感じは無い。

    何故なんだろう、もっと深く考えて創ってる気がするんだけど・・・、だったら教えてほしいな、お客様に説明できるから、と感じてた。

     

     

    クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」をみて少し腑に落ちた。

    レコード会社の重役が彼らの曲の聞いて、わけわからん!と怒りながら言った。

    「なんだ、この曲は!そもそもガリレオ!って何だ!?」

    そりゃそうだ、わけわからん曲を素人が聞いて感じた素直な感想なんだろう。

     

    そしてこの曲は最高の出来だ!と自負しているメンバーの一人が、答えた。

     

     

    「詞の解釈はリスナーに委ねる 過度な説明は神秘を失わせる」

     

     

    そうなんだ。山下氏もそう考えたのだろう。

    それを理論的に語ったところで、何になる? 自己満足?俺はこんなに考えたんだぞ、すごいだろって?

    違う!そんなんじゃない!

     

    完成物件をみたお客さんが「どう感じるか、それはリスナーに委ねよう」

     

    押しつけではなく、どう解釈してどんな生活をイメージをするか お客さんによって様々だろう。

    すくなくとも、私達は最高の作品だと感じてる。

     

    そんな突き抜けた(僕たちがそう思ってるだけで設計士さんはそう思ってないと思う)デザインを図面段階で出来るだけ感じて

    クオリティ高く、現場でカタチにできる演奏者、建築士が6月から当社のメンバーに加わってくれた。

     

    また改めて、HPなどに紹介しますね。

     

    2019/06/02