JR山陽本線・山陽電鉄本線の沿線を中心に加古川市・姫路・高砂・加古郡・小野・加東・明石周辺の優良賃貸物件をご案内!

ピタットハウス加古川店 / 東加古川店 [賃貸版]

当店が選ばれる理由は、お部屋探しのスペシャリストが揃っているから!

宅地建物取引士(国家資格)
名
賃貸不動産経営管理士
名
少額短期保険募集人
名

  • 帰省ラッシュ

    昨日は帰省ラッシュのピークだとTVで言ってた。

    先程、ふと窓から駅に目をやると、帰省ラッシュで帰ってきたご家族と車で迎えにきたおじいちゃん?の姿が。

    まだ、子供さんは3~5歳ぐらいかな。おじいさんは車に乗せるのまでに、子供を追っかける姿をして遊んでた。

    おじいちゃん、とても嬉しそうだ。

    奥さんらしき方は小さい赤ちゃんを抱っこして後ろの席に。

    なんて微笑ましい光景だ。

     

    一昨日、私の娘も東京から帰省してきた、旦那さんと。

    その夜は、焼き鳥屋さんに孫たちも連れて食べに行き、家ではカラオケ。

    昨日、娘たちは旦那さん方へ行き、今日、東京へ帰るとのこと。

     

    娘に子供が出来たら・・・・・・・。

     

    そんなことを思わず考えてしまう。

    既に孫も三人(息子の子供たち)いて、ありがたい事に同じ敷地に住んでるので、それはそれで楽しいのだが

    やはり娘の子供も可愛いだろうな。

     

    東京か~。

     

    【時間とコスト】の壁をなんとか壊せないものだろうか。。。。

     

    東京進出を本気で考えるかな(笑)

    2018/08/12

  • いい○○

    時代によって【いい○○】の価値基準が変わる という内容の本を読んだ。

     

    【かっこいい車】

    車で、僕の年齢でいえば20歳頃は、ソアラとかスタイリッシュなクーペ。そういえば人気だったな。

    もちろん、クラウンが好き、アメ車が好き・・・と人それぞれなんだけど、全体の割合としての話だと年代によって変わってくる。

    30歳頃は、セルシオ、シーマなどのラグジュアリーカーが人気だったらしい。

    40歳頃は家族全員でゆったり楽しめるような車。エルグラ、アルファードなど。

    最近は、だんぜんエコカーだという。

    たしかに、変わってきてるな。

     

    【かっこいい男】

    バブルの頃は、三高 なんて言ってたな。

    高学歴、高収入、高身長?

    最近は「三NO」とか「三優」、「三平男子」らしい

    ・暴力を振るわない、借金をしない、浮気をしない  だって。

    ・私にだけ優しい、家計に優しい、家族に優しい

    ・平均的年収、平凡な外見、平穏な性格 らしい。

     

    次にモテるのは?

    【4低男子】だって。

    低姿勢、低依存、低リスク、低燃費

     

    なるほどな~、ビジネスマンたるもの、時代の潮流をつかんでニーズに合わせたビジネスモデルを確立しないと。

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それでいいのか?

     

    あくまでも「全体の中での平均的な割合」だよな。

     

    いいじゃないか!低燃費じゃなくても、その分、馬力が強ければ。

    低リスク? ほんとは、低リスク、高リターンなんて都合のいいこと考えてない?

    低姿勢で誰にでも優しいって・・・・それでいて<私だけに>は、矛盾してるよ?

     

    世の中の流れを気にしすぎるより、<自分は何がしたいのか、何が言いたいのか>をはっきりさせることの方が大事な気がする。

     

     

    2018/08/02

  • 売り方

    昨日のTV番組で思わず見入ってしまった内容を備忘録で記します。

    ・うどん屋さんが、自動販売機で「出汁」を売る

    ・ぶどう園さんが、・・・・覚えていない

     

    一番、強烈だったのが「いきなりステーキ」

    驚異的な出店攻勢を行い世界規模の展開を戦略的に行っていると。

    常識外の発想から生まれた、原価率の商材。

    常識外の発想から生まれた、コラボ。

     

    入歯を作ってる会社とコラボって・・・。なんでも ん十万もする入歯なんだけど、その入歯をするとステーキがガンガン美味しく食べれるんだって。

    だから、コラボ。

     

    毎日、信じられない量の情報が目、耳、から入ってくる。

    TVからは、CM。歩いてても車に乗ってても看板。スマホをいじればSNSでも広告。PCを触ってても・・・・。

     

    自分が何かを買おう!って思ったときに調べる。調べて出てきたメーカーや商品が「あ、何かで見たな」って程度。

    最初から、「買いたい」という気持ちにさせる広告や情報は、ほとんど無くなってきてる自分に気づく。

     

    そんな世の中で、「売る」為には・・・?

    その方法論に中に、「コラボ」があるのかもしれない。

    だって、入歯メーカにも、いきなりステーキにもメリットがあるんだから、めちゃくちゃ効率の良い広告になってると思う。

    ガンダムなどのアニメと組んだり、ポテトチップやゲームとのコラボもやってる。

    それは、ステーキに興味のない層に対して戦略無しに広告するのじゃなくて【強烈なファン】層に向けて発信することの効果が意味があるのだろうな。

     

    で、思ったこと。

    たぶん、いきなりステーキ側が入歯メーカーにコラボを持ちかけてないと思う。カルビーとかは違うかもしれないけど。

    戦略の前に【コラボしたくなる】商品を作ったり会社にすることの方が大事。魅力のないモノには、誰も見向きもしてくれないし、相手にされない。

     

    良いものは売れる!

    そんな時代は終わってる、とっくの昔に。そんなアタリマエのことを本当に理解しなければ・・・と思った夜だった。

     

     

    2018/07/30

  • ラスティック with モダン

    BWリノベのPJ、第三弾の企画の打ち合わせに建築士さんが神戸から加古川に来てくれた。

    現場検証を行い、リノベーションの工事について、何が出来るか?可能性の確認をして頂いた。

    当社の部長も同行で3人で、あーだ、こーだと話をするんだけど、会話コミュニケーションのレベルが数段上がってきていることが感じることが出来た。

     

    人との関係は、共に仕事をするうえで、お互いを認め合い壁を壊し、反応しあうことによって何かしら貴重なものが生まれてくる。

    そう、生まれるかもしれない、生み出したい、そんな気持ちでPJを成功させたいな。

     

    そんなことを、物件確認後、建築士さんと二人で初めてお酒を呑み交わしながら大いに感じた。

    ゼロからデザインでモノを生み出すことを生業にする表現者って・・・・やっぱ、変わってる。いや、変わってる方がイイ。だって【普通】のモノを作ってほしいんじゃないんだもん、と思い、酔っぱらって二、三回、「ホンマ、変わってますわ、変態ですよね」とホメ言葉のつもりで繰り返した記憶がある。失礼しました。

     

    第3弾、私からの山下氏への依頼イメージは、「ラスティック with モダン」素材は・・・・・

    というワードを数点、伝えた。

    デザインの素人の私がいくつかの少ないワードを発することで、インスピレーションで感じてくれてデザインしてくれる。

     

    完成は10月の終わりから11月初旬になるだろう。

    楽しみだ。

     

     

     

    2018/07/15

  • 洪水

    被害に遭われた地域は雨が止んだ後、今後は熱暑のなか大変な御苦労をされてるようです。

    未だ、避難指示が出ていたり、洪水の可能性がある地域があると聞きます。

     

    私達、加古川エリアでも一級河川の「加古川」が氾濫の危機に遭いました。

    土曜日の朝、スケジュールを確認すると沢山の方の来店予約が入ってる。

    お客様にすれば【せっかく予約(約束)してるんだから、会社はそのつもりで予定してくれてるはずだ。行かないと失礼になる】とムリをして来店されるかもしれない。

    反対に、当社から「避難勧告がでるかもしれないんで、来ないでください」とは言えない。お客様も前々から予定していて他の日程に余裕がないかもしれないから。

     

    スタッフ達に、そんな考えを頭の中で想定しながら朝から来店予約のお客様に連絡するように指示をした。

    でも、それでも<行きます!>というお客様が多かったことに驚いた。

     

    それは、仕方ない。有難いことだし、慎重すぎる判断はお客さまに失礼になる。

    それでも、状況は大きく変わる可能性がある。

     

    SNSやTVニュース、ネット状況をチェックしてたら遂に『避難勧告発令』が出た。

    加古川に水位が、氾濫危険水位に到達したと。

     

    家族がいる人は家の事を心配してるだろう。

    スタッフが帰宅難民になることは避けなければいけない。

    来店して頂くお客様が被害に遭われたら申し訳ない。

    すぐさま、会社スマホのLINEで、全員に「お客様に連絡の上、店を閉店すること。HPに告知すること」を指示した。

    案内に行ってるスタッフにも連絡し、帰社するように伝えた。

     

    結果、大きな損害は当エリアでは出なかったが、状況が刻々と変化するなかで、瞬時の判断を間違えることは許されない。

     

    責任者たるものは、やはり危機管理が大事だ!

     

    と偉そうなことを言ってる私は、当日帰宅した瞬間からビールを呑み始め、万が一の状況に備えて、貴重品を二階に移動している嫁から

    思いきり危機管理の無さを非難されました(笑)

     

    2018/07/13