JR山陽本線・山陽電鉄本線の沿線を中心に加古川市・姫路・高砂・加古郡・小野・加東・明石周辺の優良賃貸物件をご案内!

ピタットハウス加古川店 / 東加古川店 [賃貸版]

当店が選ばれる理由は、お部屋探しのスペシャリストが揃っているから!

宅地建物取引士(国家資格)
名
賃貸不動産経営管理士
名
少額短期保険募集人
名

  • カール

    カールが生産中止?

    そんなニュースが流れるや、世間は大騒ぎし、スーパーで売り切れが続出したという。

     

    ネットでも高値で取引されてるという。

     

     

    なんじゃ、この現象・・・。

     

    スーパーで見かけても、〈昔、よく食べたな~〉って感じで思うんだけどスルー・・・。

    そんな人は沢山いるだろう。だから売れなかったんだろう。それが、「もう、買えない、食べれない!」となったら欲しくなる。

     

    ん?こんな現象、他にもあるぞ。

     

    もうあかん、やめます

     

    こんな靴屋もあったし、

    家具屋の閉店セール!の見出しのチラシもよく入ってた時期がある。

     

    人は「無くなる!」と判ったとき、「欲しくなる」のだ。

     

     

    「これしかない!」「一点モノ!」が希少性の法則だというのなら、「無くなる!」は、何の法則だろう?

     

    もうあかん!の法則か?( ´∀` )

     

    もうあかんの法則を他で使えないか?

     

    付き合ってる彼女の気持ちをもっと引き寄せたいとき・・・

    『もうあかん、我慢の限界や、俺たち、別れよう』・・・・→『ゴメン~、調子乗りすぎた~、あやまるから捨てんといて~』

     

    お客様との商談で、なかなか自分のペースで交渉ができないとき

    『非常に残念ですが、御社とは縁が無かったようです。この商品は他社さんに持っていきます。』

    → 『ち、ちょっと待って!席を立つな、いや、立たないで下さい。そんなこと言わずに・・・、買います!』

     

    ・・・・・・・・・・・・・思い出した。

     

    昔、タイに旅行に行ったとき、夜店でショッピング。

    こういったところは、関西人のパワーを発揮しないと!といろんな店でダンピング。

    何度かは成功。〇〇にして!ダメ?じあーいいわ。。。と歩き出すと、オニーさん、いいよ、〇〇で。OK!

     

    ある店でもやった。〇〇にして!ダメ?じあーいいわ。。。歩き出す・・・・ん?追いかけてこない。。。。

     

    あれー?欲しかったのに・・・で、逆戻り。。。おねーさん、やっぱ、△△でいいわ、売って(^▽^)/

     

     

    じっと僕の顔をみて・・・「NO!」

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    横を見ると一緒に行ってた先輩が大爆笑してる。。。

     

     

    やられた、もうあかん返しや~(;_;)/~~~

     

    2017/05/29

  • ROYAL LIFE

    リノッタ完成写真を紹介します

     

    撮影:小西慧

     

    2017/05/04

  • 照明

    月末までに2回がブログのノルマだったのに・・・。

    一日遅れで書きます。

    スタッフのみんな、ごめんなさい。

     

    実はRenotta(リノッタ)と別に、買取再販目的で一つ、物件を仕入れています。

    Renottaは、基本的に「賃貸の空室改善」としてのツールです。

     

    中古マンションを仕入れて、リノベーションを施すには、床材の仕様も違ってくる。

    もちろん、「借りる目的」のニーズと「購入する目的」のニーズとは違ってくる。

     

    ということで、今、別ラインで、いろいろ画策しています。

     

    打ち合わせさせて頂いてる方のアトリエなんだけど、照明の使い方が、やっぱり違うんですよね。

    前々から感じてたことなんだけど、店舗もそうだけど照明の使い方で、空間というものは全く違ったイメージになる。

     

    海外の家は、昼白色の電球はほとんど使わなくて間接照明でリラックスした空間を作る。

    その点、日本では昼白色の直接照明が多い。

     

    今の私の家は、ほとんど電球色だが一部、シーリングライトも使ってる。

     

    最初の頃は、すごく暗く感じたが、最近は慣れてきてなんとも思わない。

     

    先日、試してみた。

    小さいダウンライトだけにしてみた。出来だけ少なく。

     

    ん~、いいムードだ。酒が美味いかも。

     

    慣れれば、全く問題ない感じ。

     

    なんでも、はっきり見えるというのは、逆に落ち着かないのかも。

     

    ・・・・しかし、部屋の中では孫が騒いでる・・・。ん~・・・・。

     

    照明計画というのは、住む人のライフスタイルによって、決定しないといけないな。

     

    2017/05/01

  • Renotta 完成前にお申込み!

    当社では、月に2回はブログを発信する!という掟があります。

    なので、当社のブログは月末に集中します(笑)

     

    やっぱり優先順位は下の方になるんですよね。

     

    しかたない、目の前のお客様の方が大事だもん。

     

    私・・・4月は一回も更新してない!

    って今、気づいたので、焦って書きます。

     

    Renotta(リノッタ)の工事をしていた部屋が完成をまたず、申し込みが入りました!

     

    関東方面からの転勤の方から、インターネットをみて完成イメージだけで、申し込みを頂いた。

     

    正直、驚きました。

     

    家賃・共益費で55,000万円 ⇒ 67,000円 の12,000円UPに関わらず、完成前に申し込み。

     

    過去に私なりのリノベーション工事を行った際は、せいぜい、3,000円UP。

     

    ん~・・・・たしかに工事金額はかけて頂いたんだけど、それだけではないだろう。

     

    やはりプロのデザイン力、プロモーション力が、素人がやる事と全く違うということが、この結果で証明された。

     

    人は、投資を行う際、どうしても安全を考える(リスクヘッジ)。

    当然だ。

     

    そして、『人と同じことをしている人』をみて失敗していない!というデーターをとってから、よし俺も!と【同じ】ことをする。

     

    ・・・・・・・もう、今の時代、この発想は通用しないと思う。

     

    リスクを取る!

     

    そのリスクは失敗すれば致命傷になるのか?

     

    はたまた、成功すれば次の可能性が大きく広がるのか?

     

    その挑戦は、私たち経営者だけでなく、賃貸経営のオーナー様にも必要かもしれません。

     

    2017/04/28

  • 希少性の法則

    今朝、一分スピーチで<ターゲットを絞ることの大事さ>を話しした。

    全員に好かれようなんて思わなくていい。結婚するのは一人で十分なんだから。

    訳のわからない表現だった(笑)

     

    でも私が賃貸も買取再販も今、リノベーションで意識しているのは、この発想だ。

     

    新築マンション 全部で50室。これを満室に。完売に。

    そんな話じゃない。

     

    そんな話になれば、最大公約数的な物件を作ることになる。

    だれにでも好かれそうな、最近の流行りは・・・。勿論、危険な事は出来ない。

     

    でも、結局、現状、中古住宅市場には、そんな物件で満ち溢れている。

     

    そこで、 『え?こんな物件があったの?!』

     

    という物件が出てきたら・・・どう感じるでしょう。

     

    そこに、こだわりたいんですよね。すごく勇気がいるし、覚悟もいるけど。。。

     

     

    そんなことを今朝、目覚めて考えながら、ある妄想をした。

     

    ある、ど田舎に住む男性10人。みんな独身で嫁を欲しがってる。

    例えばみんな、ほとんど良くも悪くも同じレベルだとしよう。

    お見合いコンパが開催され100人の女性がやってきた。

    男達は、オシャレに着飾り、最近のヘアカットをし、自分の弱点は隠しつつ、一生懸命自分のアピールポイントを強調した。

    ま、確立でいえば、90%の男性がフラれるんですよね。

    結局、みんな最近の流行を真似した結果、みんな同じようなファッションになり、誰もが『経済力』『家族構成』『安定性』などで勝負する。

     

    ただ一人!

    ブタでハゲで、一般的にはちょっと、キビシイ男がいた。流行りのファッションなんか興味ない感じ。

    仕事?農業。

    でも、そいつに、なんか惹かれるものがある。

    ちょっと、可愛く感じている女性が二人いた。

     

    そうなんです!!

    一人は肥満な男を優しく感じ、もう一人はハゲてる男にセクシーさを感じる女性だったのです!。

     

     

    なんと!!

     

    ブタでハゲの男が二人の女性から告白されてるではありませんか!

     

    ブタでハゲがモテモテ!

     

    女性同士の殴り合いの争奪戦が始まった~~~

     

     

     

    あ、僕の妄想が・・・僕のささやかな夢でした(笑)

     

    2017/03/29