JR山陽本線・山陽電鉄本線の沿線を中心に加古川市・姫路・高砂・加古郡・小野・加東・明石周辺の優良賃貸物件をご案内!

ピタットハウス加古川店 / 東加古川店 [賃貸版]

当店が選ばれる理由は、お部屋探しのスペシャリストが揃っているから!

宅地建物取引士(国家資格)
名
賃貸不動産経営管理士
名
少額短期保険募集人
名

  • 俺流、TVの楽しみ方

    昨日、家に帰ったらリビングで嫁さんが録画してたドラマを観てた。

    僕は恋愛ドラマ系は観ないので「もう終わるで〜、ごめんな」と。

    ま、ええし。とビールを呑みながら、なんとなくボーっと観てたら、なんだかオシャレな部屋。

    ん?この部屋・・・鉄骨やタイルもふんだんに使ってインテリアも内装デザイント合ってる。「あのフローリングの貼り方、ヘリボーン貼りって言うねんで」と解説。最近は部屋の中のデザインに拘ってるんやな~

    ん!何?今の?見覚えのある・・・「ちょっとこの部屋に住んでる人、何の仕事してる人の設定?」嫁曰く、「建築士」。

    リモコンで巻き戻し。やっぱり・・・・クロスのサンプルが並んでるやん。そりゃ、オシャレな部屋の設定になるわな~。

    いろんなテイストの家づくりが出てくる。

    早く言ってよ~、何?もう最終回?今までのはもう消した?早く言ってよ~

     

    最近はカメラでホワイトバランスをなんとなく理解してから、TVドラマの映像にも興味が出てきた。

    そう、カメラには「実物」よりも、「演出したい、表現したいこと」を実現できる可能性をもっている。

    部屋のデザインも最近は流行りのインダストリアルっぽいオフィスや部屋が増えている。

     

    あのメチャ可愛い広瀬すずさんが出てた「anone」の色調は、「レトロ、昭和感」を出す為に温かい色にしている。

    大好きな石原さとみさんが出てた「アンナチュラル」はクールな感じを演出する為に・・・・みたいな。

    さりげなく飾っている『絵』の飾り方、デスク・・・ストーリー以外に見るべき部分、参考になるところって沢山あるな。

     

    途中でハイボールの見ながら寝落ちしてしまったが、相棒の映画版。

    結構、顔に影をつくってたな。映画って、だいたいそんなだったかな?顔をはっきりと照明をあてないんだよな~。

    わざと『ミステリア感』をだしてんのかな~。

     

    ど素人なりに、こんなTVの楽しみ方をしております(笑)

    2018/03/25

  • B to C

    BtoBは 会社(ビジネス)と会社(ビジネス)の取引体系

    BtoCは、企業と消費者(カスタマー)との取引のことをいう。

    いや、なんとなくしか理解してなかったことが最近、意識しだしたので一応、アウトプット。

     

    例えば、フランチャイズビジネス。これは本部からするとBtoBになりますよね。

    ピタットハウスネットワークというFC本部(企業)が、加盟店(企業)から収益を上げている。

    でも私たち、加盟店(企業)は、BtoCになります。個人のお客様を相手に商いをしているから。

     

    不動産物件を買い取ってリノベして販売する事業も、この二つに分かれます。はっきりとは分けれないケースもありますが。

    事業者(企業)が、情報をもっている不動産業者(企業)から、物件を仕入れる。そして不動産業者に販売してもらう。

    なので、エンドユーザーのことを考えてHPをつくったりしなくていい。エンド向けの広告宣伝費はかからない。

    まさにBtoBだ。

     

    当社の物件は、今のところオーナー様(C)から直接、買い取らせて頂き、そして広告を見られたお客様(C)に

    直接、ご契約頂くことの方が多い。

    BtoCです。

     

    誰を相手に商いをするか? その相手方によって、リノベ工事の内容、行動計画、営業戦略は変わるんだろうと思います。

     

    今の段階での一つの結論は、当社は「直接、お客様(C)の声を聞く」ことを大事にしないといけないと感じている。

    リスクも大きく、スピードも遅い。数をこなすには限界も低い。でも、私たちの市場で、必要とされているリノベは、どんなものか?

    予算は?好みは?こだわりは?見学会での感じ方は? そんなお客様の声を聞き、反応を感じ、それから私たちが提供すべきものを作り提供していく。

     

    だって・・・・・・・・・・ずっと僕たちは20年以上、そうしてたんだから。

     

     

     

    2018/03/17

  • 撮影会&呑み会

    買取リノベ再販物件で、撮影会を開催した。

    今回の「加古川粟津」は、とにかく壁一面が可動式シェルフになっている。

    ちゃっちな<ガチャ棚>みたいのものじゃなく、白樺合板の美しく分厚く強い棚板に、鉄生地をメッキしてないままの支柱がワイルドだ。

    さて、ここには何を飾ればいいんだろう?

    キッチン用品はどこに、どう収納すればいいんだろう?さて、このLDKは、どの方向にテーブルを・・・

     

    ほんとは、「暮らし方」や「趣味、趣向、こだわり」によって様々な対応ができるんだけど、一例として、こんな暮らし方ができるよ、というイメージできるものがほしかった。

    それと、リノベーションを表現する時、工事中の写真なんかをみてると、やはり【人】がはいると、画像がいきいきしてくる。

     

    ということで、スタッフにモデルになってもらって開催。

     

    その前には、雑貨屋さんで飾る為の商品を購入したり、収納BOXを設置したり・・・。

    あまりに凝りすぎた演出をすれば、趣味・趣向に違う人には的外れになるだろうし・・・。

    というコストや陳列物を迷いながら設置した。

    コーヒーを飲みながら、デザインの打ち合わせをしたり

    みんなで食事の用意をして

    乾杯したり(笑)

    一人の時間を楽しんだり

    土間スペースに置いてある椅子に座ってビールを飲んだり

    撮影の為に、自宅からいろいろ持っていったり。。。

     

    ま、楽しい撮影会でした(笑)

     

    2018/02/15

  • 価値観の違い

    最近、すごく<価値観>について考えてる。

    夫婦でも、生まれ育った親の躾、風習、文化が違ってるのだから《正しい》とか《間違ってる》という概念で判断できないよね。

    昔、ある人が言ってた。

    <違う国の人同士の結婚の方がうまくいく>

    何故なら、初めから文化が違う事を理解した上で結婚してるから。だからお互い尊重し合う。

    それが、日本人同士だと「何で判らないんだ!」となる。 同じ文化なわけがないのに。

     

     

    いや、違います。結婚生活を愚痴るブログじゃないっす(笑)

     

     

    そう、考えるのは、例えば《デザイン》であったり《趣味、趣向》だったりする。

     

     

    古いモノが好きな人がいる。

    家具であったり雑貨であったり。アンティーク、ヴィンテージっていうよね。

    日本の昭和な感じが好きな人がいれば英国のヴィンテージが好きな人がいる。

    歴史を感じるっていうのかな。お金では買えない歴史。滲み出る懐かしさ、気品。

    車もそうだよね。クラシックカー、旧車っていうの?

     

     

    興味のない人にとったら、「あんなボロいの、なんでいいの?最新の方がいいでしょ?」ってなる。

     

     

     

    住まいについて「機能性」と「デザイン」を天秤にかけるときがある。

    ある人は「機能性」をとるが、違う人だとは「デザイン」だったりする。

     

    僕なんかは「使いやすさ、住みやすさ」を優先するなら、女性はみんなスニーカーを履けばいいと思う。

    足は疲れるだろうし、歩きにくいだろうし・・・。履いたことないから判らないけど。

    でも、足が長く見える方がいいんでしょ?  ほら、カッコよく!(デザイン)を優先してるじゃん。

     

     

     

     

     

    正しいこと  正しいモノ  正しいデザイン

     

    そんなものは無い

     

    その人の常識と自分の常識が違ってアタリマエ

     

    自分のモノサシと他人のモノサシは違うんだ

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    今朝から、営業部長と出来上がった物件を販売していくにあたって、広告デザインの打ち合わせをした。

    自分でもクリエイターの真似事みたいだな、思ってる。

    でも、自分が伝えたいことは自分が一番分かってるはずだ。いや、判るべきだ。

    プロのクリエイターに全部、伝わるとは、今のところ、思えない。

    それならまずは、真似事から始まろう。

     

    広告デザインの価値基準に、正しいモノなんか無い ・・・

     

    ・・・はずだ(笑)

     

    2018/02/03

  • てえへんだ! てえへんだ!

    なんという番組だったかな?

    たしか ファイナル なんとか だったと思うけど、内容としては「マスコミは、演出しようとすれば、なんとでもなるんだ」

    「視聴者が待っている番組を作れ」という制作側の想い。

    たしか、時代劇なんかで出てくるよね、「てえへんだ!」って新聞配ってた人。

    江戸時代の頃の瓦版屋が「さあ、てえへんだ、てえへんだ!」って街で叫んでた話を、マスコミの制作側の理論で語ってた。

     

    《どうにでもなるんだ!》

     

    そのセリフを聞いて、ある話を思い出した。

     

    知り合いの建築家から聞いた話。

    //////////////////////////////////////////////////////////////

    昔、あるテレビ番組に出たんですよ、住宅にについての・・・〇〇という有名な俳優さんがでてる・・

    人間だけなんですよね、自分の家を自分で作らないのは・・・

    そんなことをテーマにお客様と家をリフォームして・・

    制作サイドとは、DIYの良さを放映してもらう予定が・・・

     

     

    出来上がった番組を見て・・・愕然としました。

     

    逆にDIYをこけおろし、<やっぱりプロの業者に依頼しないといけないよね>という番組になっていた。

     

    お客様に申し訳なくて・・・・

     

    ずいぶん、昔の話だけど、それからは《一切、テレビはみていません!》

    あんな嘘つきな世界・・・

    //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    多少、言い回しが違うかもしれないが、そんな内容だった。

     

    なんで制作会社は、そんなことをしたのか????

     

    その話を聞いて、耳を疑った。。。。

    理由は、その番組のスポンサーが、当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだった某リフォーム会社だったから。

    ※柔道の某女性選手がコマーショルで出てましたね(既に倒産してるけど)

     

     

    怖いね

     

    いくらでも、どうにでもなる!

     

    そうだろう。簡単な事だ

    編集で、映像を切り張りすれば、印象操作なんて、いくらでも出来るだろう。

    でも、それが、職業として必要なことだったとしても、職業人の前に人間だろう。

     

    僕たちは、そんな現実がある裏側を知らなければいけない。バカ扱いされて、まんまと踊らされてしまう。

     

     

     

    さて、また文春砲の餌食になった人がいる

     

    東京は銀座の酒の席で、一緒に呑んでた銀座社長は、たまたまその話を聞いて怒ってた

     

    なんで?? なんでなの? ・・・やめちゃ、ダメだよ!

     

     

    餌食になった人は音楽プロデューサーとして天才だと言われている。

    激高した銀座社長も、僕は天才だと思ってる

    僕みたいな凡人は、芸能人とか有名人にたいして妬み、ひがみ、羨ましさがある。

    だからこそ、ゴシップに踊らされる

     

     

    《たかだか凡人の分際で、天才の邪魔をすんじゃねー》

     

     

    そんな天才たちの声が聞こえてきそうだ

     

     

     

     

     

    2018/01/21