JR山陽本線・山陽電鉄本線の沿線を中心に加古川市・姫路・高砂・加古郡・小野・加東・明石周辺の優良賃貸物件をご案内!

ピタットハウス加古川店 / 東加古川店 [賃貸版]

当店が選ばれる理由は、お部屋探しのスペシャリストが揃っているから!

宅地建物取引士(国家資格)
名
賃貸不動産経営管理士
名
少額短期保険募集人
名

曖昧

今朝、3時頃目が覚めてそのあと、寝付けなかったのでテレビをつけた。

27時間テレビって番組で日本の歴史の紹介をしていた。

室町時代の「わびさび」の文化の話があり、そこで書院作り、床の間、・・といった日本建築についての説明もあった。

今の若い人に【床の間】って何か知ってる?って

質問するも知らないが増えているそう。

 

そーだよな。

賃貸物件にしても中古マンションのリノベにしても、和室って嫌われてるもんね。

古臭い、ダサイって。

 

でも、外国人の建築家は、素晴らしい!エキセントリックだ!と感じてる。

その外国人建築家が日本家屋で特に好きなのは「縁側」だという。

外国の建物では【中か外】がはっきりしてる。

縁側は室内か、室外かわからない。

【曖昧が素晴らしい】という。

イエス・ノーをはっきりしない。そういった曖昧さが日本人の悪いところだ という評価は昔から聞く。

しかし、その曖昧が素晴らしいと感じる人もいるんだな。

障子に映りこむ影や光は、ガラスではっきりと向う側が見えるより素晴らしいと。

 

最近、リノベのデザインスキルを上げようと北欧デザインとかヴィンテージな家具などの感性を磨こうとしてたのだが、

日本文化の「美」についても、改めて違った目線で見つめ直そう。

そう感じた早朝だった。

 

2017/09/10