JR山陽本線・山陽電鉄本線の沿線を中心に加古川市・姫路・高砂・加古郡・小野・加東・明石周辺の優良賃貸物件をご案内!

ピタットハウス加古川店 / 東加古川店 [賃貸版]

当店が選ばれる理由は、お部屋探しのスペシャリストが揃っているから!

宅地建物取引士(国家資格)
名
賃貸不動産経営管理士
名
少額短期保険募集人
名

真面目なお仕事モード!

いつも食べ物ネタか飲みネタばかり

なので、大人らしく今日は真面目な

お仕事モードのお話を(-“-)

 

不動産売買でよくあるクレーム?

いろいろあると思いますが

やはり[敷地の境界]って大事です!

 

昨今の分譲地などは、誰が見ても分かるくらい

ハッキリしており、そんなの揉めるの?

って思われるかもですが…

 

今回の実際にあった話!

昭和後半の時代って、少し前?

阪神がバース掛布岡田で優勝したころ?

バブル全盛期?

たぶん40代以上の人はわかる?

 

その時代の土地と建物の査定に。

最初に行った際に、隣地が解体中でした。

見ると、測量士による土地の筆界確認が

なされたばかりでした。

 

外回りをよく見てみると…

この建物、あと現在の汚水桝、

「越境してない?」(:_;)

よく聞くと、当時の測量図に照らし合わせられたらしく、

ほぼ寸法もあってる!

汚水桝は、敷地内に移動しなおすとのこと。

ただ、下屋を含めた軒、樋が微妙な…

 

よし!久々に必殺アイテム「サゲブリ」の登場(^_-)-☆

ということで、脚立を伸ばして、下屋の軒先から

近隣家屋が画像に映り込んでいるので

ここだけで!

「う~ん、6,7センチやはり越境してますね!」

下屋が越境しているということは、

脚立だったのでさすがに大屋根からは無理でしたが

明らかに大屋根の軒先も…

 

こうなると隣地の方とお話をして、承認(覚書)を

いただくか、

越境している箇所を補修するか?

完全に解体して土地として売却をするか?

 

これ、売買後に判明したてらと思うと

ヒヤリする一瞬です。

なんかそう思うと、土地、また土地建物の

売買はさまざまな確認事項が必要ですね!

紛争がなく、ご購入していただいた皆様が

平穏に暮らせれるよう、我々の仕事の「重み」を

再認識し、2022年度を無事に駆け抜けていきます。

糸持っていってれば…

無かったので、お客様に物干し竿をお借りして

代用しました。

 

2022/03/31

大杉博行

「うれしい!」という言葉を聞きたくて、常に全力で向き合います! 住まいづくり・住まいさがしの最良のパートナーになれれば、私も「うれしい」です!

新着記事

投稿スタッフ