JR山陽本線・山陽電鉄本線の沿線を中心に加古川市・姫路・高砂・加古郡・小野・加東・明石周辺の優良賃貸物件をご案内!

ピタットハウス加古川店 / 東加古川店 [賃貸版]

当店が選ばれる理由は、お部屋探しのスペシャリストが揃っているから!

宅地建物取引士(国家資格)
名
賃貸不動産経営管理士
名
少額短期保険募集人
名

  • 誕生日プレゼント ^^) _…そして、また福岡

    こんにちは。

    先日、私も晴れて誕生日を迎えました!!

    もう何回目なのかな??(笑

     

    専務からプレゼントを頂きました!!とても嬉しい ^^)

    ありがとうございます!

    IMG_3635

    とても素敵なネクタイです。

    ノーブルで、スタイリッシュで…

    格式の高~い場所につけていきたいですね。大事な商談とか、冠婚葬祭とか…

    本当にありがとうございました!

     

    ところで、いろいろと物議をかもしている「福岡移住」発言ですが、

    私の福岡への想いは遠い憧れ…実現可能性はまったくの未知数(;_;

    まぁでも、旅行は行き続けるでしょうね( ;∀;) 奥の深そうな街ですから。

     

     

     

     

    2016/02/22

  • 福岡礼賛!!

    こんにちは!

     

    早速ですが、このニュースが気になりました…

     

    ↓↓↓

     

    福岡の人口、政令市5位に=若年層流入、神戸抜く

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160218-00000124-jij-pol

     

    今最も乗りに乗ってる政令市??福岡市の人口が全国で5位に躍り出たとか。

    それで、抜かれたのが我が県庁所在地、神戸市( *´艸`)

    神戸は高砂生まれの私にとって最も身近な「大都市」なだけに…残念。

     

    まぁでも今の福岡・博多の勢いを考えれば、さもありなんって感じでしょうか。

    それに向こうは九州中から人が集まってきますから、人口も増えやすいんでしょうね。

    (神戸は、大阪、京都という超強力なライバルがいますから!)

     

    去年社内研修で、福岡・博多に行ってきましたが、すっかりこの街の虜になってしまった ^^)

    想像以上に街が巨大でエネルギッシュ!中洲の華やかさといったら道頓堀にも引けを取らない。

    そして、とにかく食べ物が上手い!口にするものがいちいち美味しい😋

    出合う人が皆温かで、時折聞こえてくる博多弁が何とも耳にややしい。

    美○は多いし、○○に対して寛容。。夜遅くまでバスが走ってくれてるのも旅行者にはありがたい。

    何なのこのパラダイスがごたる居心地の良さ!街全体に漂う魅惑的な色気!

    ※「ごたる」とは九州弁で「~が如く」の意味らしい

     

    この街が放つ抗しがたい魅力に誘われて、その年のお盆休みにもう一度プライベートで福岡に行ってしまった!!

    「博多、最高!!」中洲のど真ん中で一緒に行った友達は思わずこう叫んでしまったらしい。

     

    そして、出した結論が…

     

    「住みたい…。」

     

    日本全国の住みたい街ランキングでは福岡はぶっちぎりの一位みたいですね。

    東京や大阪ほど巨大ではないため、地方都市ならでは「住みやすさ」もあるんでしょうね。

    そういえば、ダウンタウンの松本人志さんも東京以外ならダントツで福岡に住みたいとおしゃっていたようです。

     

    そんなこと言いながらしばらく加古川に住むんでしょうけど。

     

    加古川の不動産会社なら、加古川界隈の魅了も語らねばなりませんね(笑)

     

    それはまた、後ほど…

     

    2016/02/19

  • 加古川では珍しいSUSHIBAR!~馬馬家(MAMAYA)

    こんにちは(^O^)

    加古川では珍しいSUSIBAR、「馬馬家(MAMAYA)」さんに言って参りました!

     

    私もSUSIBARというジャンルは初体験ですが、

    普通のお寿司屋さんとどう違うの??と言われると私も言葉につまるのですが…

    私なりの考えでは以下のような感じでしょうか。

     

    ・とにかくお酒の種類が豊富!馬馬家さんでは日本酒はもちろん、ワインも取り揃えておられましたよ。

    ・お寿司のほかに、創作料理やちょっと小洒落た一品など店主自慢の凝ったメニューが多い

    ・お酒やおつまみを片手に、ゆっくりとちびちびお寿司を頂くような雰囲気

     

    …てな感じでしょうか??

     

    結論から言うと、馬馬家さん、行ってよかった~!ていうか常連になりたい(^-^)

     

    お寿司はもちろん美味しいのですが、サバの煮付けや豚の角煮等の一品料理、とにかく味が深い!

    一口食べただけで、何とも言えないような幸せな気分になってしまいました(^-^)

     

    お酒を飲みながら、一つ一つ味わうようにゆっくりまったり食べていきたい、そんな雰囲気のお店です。

     

    場所は、寺家町の飲み屋街、裏路地をすこし入ったところにあります。

    まさに「隠れ家」というに相応しいひっそりとした店構えですが、路面に看板が掲げられてあるので、決して分かりにくくはありません。

     

    店内はカウンターがメインでほとんどテーブルはございませんが、店主と少しお話をしながら美味しい料理を頂くのも、また一興也…

     

    てことで、皆残も是非行ってみて下さいね。

     

    04ea6ac81da180a04297569db0532c0c6a5af0da_87_2_2_2 640x640_rect_40887084 8492b0dd289f8b4491a4c4d13d1393960be32a34_87_2_2_2 o0491078713339773233

     

     

    2016/02/13

  • トマト牛鍋膳

    こんにちは。

    先日、吉野家さんの新作「トマト牛鍋膳」を食べてきました。

    店頭のぼりで宣伝されてますから、結構目立ちますよね。。。

    「いつのも牛鍋膳にトマトの果実がのっかっただけだな。ふ~ん。実験的に食べてみるか!」

    てな軽いノリで、割引券を利用して食べてみました。

    期待はいい意味で裏切られた!!

    640x640_rect_41592034

     

     

    トマトの味がちゃんとスープにまでしみ込んでいて、お肉の脂っこさを中和してくれる。

    それでいて、このスープが意外なほどにご飯の良く合う!

    思わず感心してしまった( *´艸`) 良心的で、計算された一品です!

     

    吉野家さんと言えば、苛烈な牛丼戦争のさなか、一時期の勢いを失いかけているとの見方もありますが、

    あくまでも牛丼屋としての矜持を忘れず、牛肉をどう生かすか、どうご飯にあわせるかをきちっと考えながら

    慎重にメニューを考案してるような気がします。こんな企業姿勢大好き ^^)

     

    私が週一で吉野家さんに通い続けているのは、決して料理をするのが面倒だからではありません…

    事実、勤務先から自宅までいくつか飲食店がありますが、ここまで通い詰めているのは、吉野家さんくらいです。

     

    こういう企業はきっと長続きするんだろうな~…と思ったら明治32年創業の老舗でした。

    さもありなん!

     

     

     

     

     

    2016/02/03

  • いつも有難うございます。

    こんにちは。

    ここんとこ寒さがマシで過ごしやすいです。

    ここ一週間ぐらい、ずっと今住んでるハイツの「浴室暖房」機能を使ってお風呂に入ってたのですが、

    一昨日あたりから使ってないです。

    それにしてもこの「浴室暖房」機能は、とにかく電気を食う!!

    1月請求分の電気代をみてびっくりしてしまいました!

    独身の一人暮らしでもやはり計画と節制が必要ですね”(-“”-)”

    ちなみに、浴室乾燥や浴室暖房、追焚機能などは設備充実物件の目玉のような存在ですが、

    電気代やガス代が結構かかりますんで、お部屋を選ぶ際はその辺も考慮して下さいね( ;∀;)

    (ま、使わなければいい話ですが…)

     

    さて、先日我が社の代表がスパムおにぎりを持って来て頂きました!!

     

    DSC_0214

    中にスパムと様々な具材や調味料が入った、社長オリジナルの巻き寿司です。

    とっても美味也😋 社員みんなでおいしく頂きました。

    家で自分でやってみようかな…計画と節制…

     

     

    2016/02/01

  • こんにちは。

    早速ですが、2月から加古川店の店頭看板が新しくなります!
    看板といっても、入口の上部にある大きな看板ではなくて、POPが貼ってあった鉄板のことです。

    昨年の年末あたりから、加古川店の店頭を新しくしようと、スタッフ同士でいろんな構想を練ってきました。予算やスペース、労力の問題などいろんな障壁をクリアしながら、ようやく落ち着くところに落ち着いたな~っていう印象です!(^^)!
    いろんな案が出ては消え、当初の案から変更に変更を繰り返し、都度スタッフ同士で話し合いの機会をもちながら、先日ようやく完成!

    店頭看板だけではなくて、店頭POPやのぼりのレイアウトなど諸々変わります(;_;
    ま、新装開店というほどに大幅なものでもないですが、結構印象が変わると思いますよ。

    どこまで新しくなったかは是非店頭に来て確かめて頂きたいのですが、今回は新装看板をチラッとだけお見せしますね。。

    皆さんが来店しやすいような店づくり♪
    これからも続けていきます!IMG_1008

    2016/01/29

  • こんな寒い季節だからこそ…

    こんにちは!
    加古川店の井上です。

    ここ2、3日本当に寒いですね( *´艸`)
    暖かい部屋の中から外を眺めるだけでも、何だか寒くなってくる(;_;
    寒いというか、空気が完全に凍てついてますよね!

    全国的に寒さが厳しくなっているようですね…。
    あの季節外れなほどに暖かかった三が日は何処へ行ったのかな。

    ですが、寒くなればなるほどやりたくなってくることがあります。
    …冷え込んでいるからこそ、露天風呂に入りたくなりませんか??

    この前も休みを利用して、行ってきましたよ『白雲谷温泉 ゆぴか』!
    知る人ぞ知る温泉郷で、加古川・高砂・小野エリアでは間違いなくナンバーワン!(私見)温質、雰囲気、情緒、設備.、料金..どれをとっても文句ナシです。

    あえて寒々とした露天に身を投じて、全身を震わせながら浴場にダイブ!
    しばらく体を温めた後に、ミストサウナに15分ほど入り、また外へ出て温泉につかります。

    この寒→暖→寒→暖…の繰り返しがたまらなく気持ちがいい”(-“”-)”
    寒ければ寒いほど効き目抜群!からだに染み入ります…。
    最後には体がポカポカになって、外へ出ても寒くないんですから…不思議ですね。

    寒い季節だからこそのチャンス!
    皆さんも行ってみてくださいね。

    井上でした(^^♪

    2016/01/21

  • 新しい年に!

    皆さま、明けましておめでとうございます!
    ピタットハウス加古川店井上です。

    2016年いよいよ明けましたね!(^^)!

    今日が仕事始めという方も多いのでは??
    朝のニュースでは、憂鬱な表情で通勤するサラリーマンがやたらとクローズアップされてましたが、そんなことはない!
    加古川店では今朝も、去年と変わらぬ笑顔でスタッフたちが出勤しており、安心しました♪

    この春に向けてお引越しを予定されているお客様も多いのでは??
    その際は、是非当店をご利用くださいね!

    また、近々加古川店の店頭をリニューアルする予定でもあります。
    より皆様に親しまれるような店舗を目指して、スタッフ一同邁進して参ります!(^^)!

    それでは、本年度も宜しくお願い致します!
    三が日があまりにも暖かかったからといって…油断した服装で風邪をひかない様に、どうぞご自愛下さい(;_;

    2016/01/04

  • 来年もいい一年になりますように!

    こんにちは!井上です。

    先日お休みを利用して岡山まで小旅行に行って参りました!
    目的はいろいろとあったのですが、メインイベントは何といてもコンサート!

    まぁこんな時期という事もあって、ベートヴェンの『第九』を聞きに行って参りました。

    正式には、交響曲第9番≪合唱付き≫ という音楽♪
    ベートヴェンの最後の交響曲で、彼の集大成ともいえる作品です。

    いや~、それにしても感動したなー(*_*)

    今更ですが、ほんとにこの曲は偉大で、聴く人に勇気を与えてくれます。しびれます。

    「第九」といえば、この時期によく耳にする「歓喜の歌」が有名ですが、実はこのメロディー、曲のクライマックスになって初めて登場します(第4楽章、ラスト4分の1くらい)
    この曲があの明朗な楽想を手に入れるまで、実に様々な対立・葛藤を経験します。

    事実、曲の最初のあたりなどとても激しく、悲壮的な音楽で、まだ見ぬ希望を追い求めながら、もがき、格闘する作曲者の姿を見ているかのようです。
    幾多の困難や挫折を乗り越えて、音楽はようやくフィナーレ「歓喜の歌」へ突入します。

    曲全体としては70分程度の大作ですが、人間の一生をパノラマで俯瞰しているかのような物語性があるため、飽きさせませんし、全然長く感じません。

    怒り、悲しみ、悔しさ、焦り、不安、希望…
    およそ人間であればだれもが抱くであろう普遍的感情が、この楽曲で表現しつくされているといってもいい過ぎではないと思います。
    だからこそ、200年以上の時を経ても、世界中の人々を魅了するんでしょうね。

    また皆さんも時間があれば、CDで聞いて下さいね♪

    尚…、今年はいよいよ弊社も明日まで!
    来年も皆様にとっていい年になるよう、心から祈っております。

    それでは、よいお年を!!

    2015/12/27